オススメの金融会社一覧はこちら

利息だけなら何も失うものはありません!

金策に対して一番勘違いが多いのは、キャッシングやカードローンをどうしようもなくなった時の最後の手段と考えている人が多い事です。

手を尽くして、頼れるところを頼って、もうどうしようもなくてキャッシングに走りました。

そんな体験談をよく聞きますが、ハッキリ言って順番が違います。

頼れるところ(身内や友人)に借金をするくらいなら、最初からキャッシングを頼りましょう。

身内や友人は無利子かもしれませんが、借りる毎に人間関係のトラブルと紙一重であり、信用も無くなります。

利息を払えば何もないキャッシングと違い、人に借りるのはそれだけでハイリスクなのです。

お金に困っている時はどうしても見失いがちですが、身内や友人は一度切れてしまうと関係修復が困難です。

ましてや、わざわざ借金を頼みにくる人間と仲良くしたい訳もなく、段々と孤立していく羽目になります。

たかがお金の為に、人間関係を失うのは勿体なくありませんか?キャッシングなら払うのは利息のみで、むしろいいお客さんとして感謝されます。

優先順位は人によって違うのは当然ですが、友人や家族よりお金を取らなければいけないような場面は、普通に考えてあり得ないのではないでしょうか。

例え人から借りて借金が無くなっても、その結果周りに誰もいなくなってしまっては、何の意味もありません。

しかもそのトラブルは、キャッシングで済ませておけば起こらなかった事態です。

ドラマや創作で悪いイメージがあるかもしれませんが、キャッシングは取引です。

年収と信用を担保に、少しの利息でお金が借りられるシステムなのです。

あまりイメージだけで考えずに、お金に困ったら相談してみましょう。

人間関係を天秤にかけるよりは、よっぽど楽な取引になるはずです。


このページの先頭へ