お金を借りるなら信頼のおける会社を選びましょう!

お金を借りたいとき、まず親族に頼るでしょうか?それとも友人でしょうか?金融会社に頼るでしょうか?

日本では、個人間のお金の貸し借りは避けた方がよいかも知れません。取り返しの付かない人間関係の亀裂に発展しかねないからです。

金融会社であれば、借りる人も貸す会社も利害が一致しているのでトラブルになりにくいものです。何よりも、金融会社はお金を貸すのが仕事です。「金融」とは「お金を融通する」ことに他なりません。

日本にある金融会社には、銀行、クレジット会社、消費者金融などがあります。

消費者金融は、昔は「サラ金」などと呼ばれており、いいイメージが無かったのですが、数々の規制を受けた結果、今はすっかり健全になっています。

制度として存在していないのは「ヤミ金」という違法業者です。不法な高金利を課し、不法な取り立てを行うので絶対に借りては行けない会社です。

ここでは、安心して借りられるキャッシング・カードローンをご紹介します。

オリックス銀行カードローンの金利が下がりました!

200*200
最短1時間融資も可能!「瞬フリ」で24時間振込融資!
  • 最短1時間融資も可能!振込み融資可能(※1)
  • 「瞬フリ」なら24時間振込融資(※3)!
  • WEB申込後に自動契約機に行けば自宅に郵送物が届かない
  • カード発行無しも対応可能
  • 30日間無利息サービス(※2)
  • 3秒診断で借り入れ可能かスグに分かる
  • 女性専用窓口は プロミスレディース
  • 実質年率 4.5%~17.8%、限度額最高 500万円
※1 平日の14時までにWEB契約完了が必要。又はWEB申込後に自動契約機に行けば14時以降や土日祝日でもすぐ借りられる。
※2 メールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要
※3 三井住友銀行かジャパンネット銀行口座をお持ちで22時までに契約完了すれば
電話連絡、郵送物なしで家族にバレません!10秒簡易審査!
  • WEB完結申込なら電話連絡、郵送物、ローンカード発行なし!(※1)家族にもバレません!
  • 10秒簡易審査 ~ 簡単な入力で融資可能かすぐに分かる!
  • 消費者金融の中では金利が低い 年利 3.0~18.0%!
  • 消費者金融の中では限度額が高い 最大800万円!
  • 当日融資も可能(※2)
  • 電子領収書サービスでプライバシーも安心。領収書や利用明細書をネットでダウンロードすることもできる。
  • パート・アルバイト・主婦でも安定した収入があれば借り入れ可能
※1 WEB完結申込の利用には三井住友銀行又は三菱東京UFJ銀行に自分名義の普通預金口座を持っていて且つ社会保険証(又は組合保険証)を持っていることが条件です。また、審査で確認が必要と判断した場合は電話連絡があります。
※2 当日振込には、14:50までの振込手続完了が必要です。ただし、審査結果によっては希望に沿えないこともあります。
提携ATM手数料が全時間帯で無料なのはオリックス銀行だけ!
30~50代の方におすすめ!働く女性にも人気!
  • 最短即日審査が可能!
  • 業界最低金利 1.7%~17.8%
  • 融資限度額は余裕の最高800万円!
  • 提携ATMの手数料が全時間帯で無料!(※1)
※1 提携ATMは、三菱東京UFJ銀行、三井住友銀行、ゆうちょ銀行、セブン銀行、ローソンATM、イオン銀行、西日本シティ銀行、Enet です(2016年5月末現在)。
学生・主婦・パートアルバイト向けではありません。

その他のお薦めの金融会社のカードローン一覧はこちら

前述のように金融会社の種類には、預金先として最も多くの人が利用する銀行、クレジットカードによって支払いを立て替えてくれるクレジット会社、現金を融資するのが専門の消費者金融、そして金融会社と古物商との合いの子と言える質屋があります。

まずは金融会社で最大の規模を持つ銀行について解説します。多くの人が銀行にはお金を預けるところというイメージを持っていることでしょう。給与振込みを通じて、個人資産を常に置いておく場所だからです。

一方、住宅ローン利用を通じてお金を貸すところというイメージもあるでしょう。これまで銀行融資は住宅ローンのような大金しか扱っていませんでした。ですが近年、カードローンなどの個人融資も活発化させています。

クレジット会社は、クレジットカードを利用してもらうことにより、個人の支払いを立て替えてその手数料で儲けている会社です。その顧客は個人や加盟店です。個人に対しては少額利用を想定していて、基本的には無担保融資です。そのため、個人の返済能力を審査する部門が発達してきた経緯があります。

消費者金融は、個人に直接現金を融資する会社です。クレジットカードの補助機能としてもキャッシングがありますが、それと機能的には重なります。前述の通り、その昔は「サラ金」などと揶揄されていました。その後、金利規制が強化されたり、強引な取り立て手法を禁止されたりした結果、健全な会社となりました。その過程で潰れていった消費者金融も少なくありません。

質屋は、融資を受けたい人が持ち込んだ質草を鑑定し、その価値に見合うお金を貸し付けます。貸し付けには期限があり、期限内に利子を付けて返済すると質草を返してくれます。返済されなければ質草は質流れとなり、中古品として販売されます。そのため、金融会社というよりも、古物商という性格の強い会社と言えます。


その他のお薦めの金融会社のカードローン一覧はこちら

お金を借りるときの心構えと上手な返済方法とは

借りたものを返さなくていい場所は、地球広しと言えどもありません。日本で、金融会社からお金を借りた場合ももちろん返さなければなりません。

日本は、借金してでも買い物することを良しとする文化ではないので、なおさらです。

ですが、長い人生の中では借金の一度や二度はするものです。日々のちょっとした買い物ばかりではなく、住宅ローンなども借金です。

お金を借りた後は、どのように借金と向きあえば良いのでしょう?

借金した後で手元にあるお金は誰のもの?

借金がまだ残っているときに手元に現金が入ってきたとして、そのお金は誰のお金でしょう?

法律のことはさておき、そのお金は自分のお金ではないという意識が持てる人は、借金の返済がスムーズに行える人です。もちろん、自分のお金なので好きに使っても問題はありませんが、借金があるからという理由で使うことを躊躇い、返済に回そうとするからです。

上手な返済方法

上手な返済方法は、少しでも現金が余ったら全て返済に回すことです。当然、それでは生活出来なくなるので必要な分だけまた借りるのです。

手元にあるお金は、借りたお金であると強く意識出来ますし、金利負担も抑えられます。
ただし、お金の出し入れにATM手数料がかかるので、あまり細かく返済したり借りたりを繰り返すのは控えたいところです。

消費者金融の特徴と利用のメリット・デメリット

現金の貸し付けが専門の会社

消費者金融は、一般消費者向けに現金を貸し付けしてくれるサービスであり会社です。契約さえ出来ればATMなどで直接現金を受け取れるので、貸し付け資金の用途は問われません。

かつての消費者金融は「サラ金」などと呼ばれていたため、未だに悪いイメージを持つ人が多いため、利用を知られないための工夫がされています。

無人契約機などで契約でき、利用の際にはカードやインターネットからの振込依頼が使えるため、誰にも合わずに利用出来るのが特徴です。

利用明細も自宅へ郵送することなく、インターネット上で確認出来るなどのサービスもあります。

金利が高いイメージがありますが

消費者金融は、金利が高いイメージがあります。審査はスピードに重点をおいているため、銀行やクレジット会社と比べると甘めであることは否めません。そうしたリスクを金利で補っている側面があるからです。

ですが、実はクレジットカードの分割払い手数料も消費者金融に匹敵するほどの高さです。

消費者金融では利用実績に応じて増額することで、金利を下げることも出来るので、致命的なデメリットとは言えなくなっています。

審査の早さが最大のメリット

消費者金融は審査がとても早いことが最大のメリットと言えます。最も早いサービスでは、申し込みから融資実行まで1時間以内というものさえあります。このように融資が早いサービスは、他には質屋しかありません。

銀行の特徴と利用のメリット・デメリット

銀行は、最も身近な金融会社

銀行は、日本人にとっては、もしかしたら外国人にとっても最も身近な金融会社です。その最も大きな理由が、給与の振込口座として利用されているためです。

個人の経済活動は、給与が原資になっています。給与を引き出して衣食住をまかなって、次の給与まで生活します。多くの人にとっての銀行は、お金を一時的にプールしておく場所であるわけです。

銀行の本分はお金を貸すこと

こうして見ると、銀行はお金を預けておく場所に過ぎないように見えるかも知れません。ですが、銀行の本分はお金を貸すことです。多くの人から預けてもらった預金を、他の多くの人に貸して、その利息を収入源にしています。

お金を預けている人自身がお金を借りることさえあります。住宅ローンを組む銀行は、多くの場合メインバンクであり、給与振込口座として利用していた銀行です。

預金とは銀行にお金を貸すことになるので、貸しつつ借りているようなものです。

銀行のメリットとデメリット

銀行を利用する一番のメリットは、滅多に潰れることがないというものです。だから大金を安心して預けておけるのです。

銀行を利用するデメリットとは、万一銀行が潰れたときには、預金の一部しか保護されないということです。個人1人あたり1000万円までしか保護されません。そのため、資産家はいくつかの銀行に資産を分けて預けます。


このページの先頭へ